しゃちょーうさのblog

有限会社ブルーゲイル社長、宇佐の日々あれこれ 会社HP(http://www.bluegale.co.jp)

カテゴリ: 開発

blenderを使って3Dモデルを作り、Unityで制御するべく開発を続けています。
何冊かの教本をつかってのUnityの学習はしているのですが、使わないと
忘れていきますね。

そんな事もあって、ノープログラミングでもゲームを作れるPlayMakerを
アセットで安く販売していたのを買っていたので、それを使ってみることに
しました。

文献も少なく、ネットをまわって使用している人達の体験談を元に
制作元のビデオクリップを見ながら、試行錯誤で試しているのですが、
状態遷移をどうしていくか?ということに特化しているので、分かりやすい
です。

ざっと組むのはPlayMakerでやってしまって、プログラムで組んだ方が良い
所はC#で組んでみようと思います。


最近、お昼ご飯食べながら読んでいるのが「GRIT 平凡でも一流になれる
やり抜く力」っていう本なんですが、

いろんなエピソードが載ってる訳です。
サイクロン掃除機作ったダイソンの創業者も、15年かけて5000回失敗したとかね。
15年かけられるのもすごいな、その間のお金どうしたんだろ?奥さん、子供いたら
あんたふざけんな!そんなのやめてさっさと働きに行きな!って言われるよなぁとか、
5000回の失敗もどのくらいの規模なのよ?っていうのを考えるのです。
致命的な失敗1回でも再起不能になっちゃう場合だってあるからね。
回数じゃないだろ、内容だろって、単なるえぇ話読ませてもらったわーじゃ終われない
猜疑心の強い私。
本自体は良い本ですよ、えぇ。

昨年、作っていた3Dモデルも、どうやらこういう作り方じゃ、使うのに
不都合あるよねっていうのがはっきりと分かったんで、改めて再構築しないと
ならないっていうのが分かりました。 失敗+1、半月分の仕事量……あぁぁ。

舞台設定も懸念事項が払拭されないので、それもまた仕切り直しで、別企画へと
シフトさせて、そっちを作ってから戻ってくるかなぁっていう事も考えて、
新年から別企画の準備を進めています。

今までのノウハウの蓄積があるんで、意外とすんなり進められて(今の所は)、
ずっとやってきたことは無駄じゃなかったんだなーって思ったりもしますね。
時間のロス半端ないけどナ。

しばらく更新が空いちゃいました。

モデリングして、ボーンリグ入れて、ウェイトペイント直して
IK処理入れてとアニメさせるまでにいろいろとやることがあって、
分からない事があったら書籍資料やネットを回ったりで、時間が
かかってます。いやーこれは大変だね。

時にはやっぱりこれは無理なんじゃないか?2D絵でもまだなんとか
やって行けるんじゃないか?という弱気虫が顔を出します。

それでもまったく誰もやった事が無い事をやってる訳じゃなく、
これを越えて3Dでやってる人達がいる訳だから、やれるはずって
思い直して、また資料調べに戻ったりしています。

技術確認が終わって全体の道筋が見えたら、もうちょっと気が楽に
なると思うんですけどね。
一番しんどいところです。





とりあえずの仮で作っていたモデルを大幅にブラッシュアップ。

他社のテクスチャデータの状況が分かったんで、本番仕様にしてみることに
しました。

モデリングのリトポ作業はちまちまとポリゴンデータを修正していくんだけど
一回始めたら、ずーっとやっちゃうんだよね。
この集中力がいつも出ればいいんだけどなぁ。

VRは自分でも体験してみたり、事務所に来た人にやらせてみたりで
どんな印象なのかを聞いています。

その場で立って見回すだけなら3D酔いにはならないけれど、ゆっくりでも
自分の場所が移動していると感じた時には、酔いの感覚が生まれますね。

3Dモデリングもやりながら、他社ではどういう風にやっているのかという
情報を探しながら、ノウハウを溜めている状況で、なかなかすんなりと先には
進まないですね。
これが、他社も3Dに手を出さない理由だよなーというのは分かります。
それだけに分かった時のアドバンテージは大きいので、毎日いろんな気づきを
蓄積しながら進めています。

このページのトップヘ