しゃちょーうさのblog

有限会社ブルーゲイル社長、宇佐の日々あれこれ 会社HP(http://www.bluegale.co.jp)

カテゴリ: 本

4600000000
       100

最初の46~っていうのは地球が出来てから46億年ってことなんだけど
本なんかで読んだらへぇぇそうかぁって思うけど、実際の数字で書いて
みるってことってなかなかないよね。
生まれて初めて書いてみたかもしれない。
で、お次の100っていうのは、一人の一生100年ってことで、
こんなもん?って思うか、意外とケタ数あるんじゃね?って思うかは
人それぞれ。

昨日、本屋行ってなにか面白そうな本あるかな?って探して買ったのが
『人類と気候の10万年史』っていう本です。
10万年分の気候なんてどうやって分かるの?って思ったら、10万年
分の地層を丹念に調べていけば分かるってことなんだよね。
それで知ってる人もいると思うんだけど、世界で一番良質な年縞堆積物だ
って言われているのがなんと日本の福井県にある水月湖だっていうから
すごいよね。

最近、地球は温暖化してる!とかいやいやこれから寒くなるんだ!って
もうどっちなのよ?って思っちゃうけど、今のこの時代(って何千年か
なんだけど)って地球的にはたまたま比較的おだやかな時期だったみ
たいだね。

これもう無理ゲー!っていう時代をご先祖様達は生き抜いてきたらしいです。
人間以前では恐竜絶滅しちゃう程の大隕石衝突を生き抜いてきた訳だからね。
俺たちの子孫達はぬるい!って言われても、ははーその通りでございます
って言わなきゃならないんだね(笑)

まだ読み始めたばかりだから、どんな事が書いてあるのかほんと楽しみ。

こういうのを読みたいって思うのは、自分の中の危機管理レベルを上げて
おきたいって事なんだと思うね。
想定外だったら慌てるけれど、どんなに酷い状況でもそういう事もあるよね
って思えれば、対処のしようもあるかなって事で。


私は変態に大いに興味があります。
変態って聞くと、身体の中から喜びが満ちあふれてきます。

あ、人間の変態じゃないですよ。

生物の変態です。昆虫が幼虫からさなぎになって成虫になったりする時の
あのダイナミックな変わりよう、なんて素晴らしいんでしょう。

そんな変態大好きっこな私が昨日買ったのは、
「ウニはすごい、バッタもすごい デザインの生物学」(中公新書)
もうね、たまんないッス。
読みながら、ニヤニヤが止まりません。
変態のエピソードで、なんで青虫がチョウチョに変態するかっていうのを
簡単に書くと、

青虫の頃→とりあえず身体を大きくしよう!キャベツひとたまあったら
とりあえず大きくなれるし!キャベツってあんまりエネルギー効率良く
ないからモリモリいっつも食べてなきゃならないけどね。

さなぎの頃→よっしゃ、とりあえず食うだけ食ったから次は次世代に
向け、最高の伴侶を見つけ交尾をせねねばならぬ。
その為には地面をもぞもぞ動いていたら天敵に食われる確率も高いし、
空を飛べるように身体を作り替えるぞ。

チョウチョの頃→身体を作り替えるのにすっげぇエネルギー使っちゃった
けど、花の蜜はキャベツより少量ですっげぇ高カロリーだから身体も
軽いし、空を飛べば行動範囲も広いから、パートナーも見つけやすいし
卵を産み付けるキャベツも探しやすいよな。

ってことで、遺伝子を次世代に送るために見つけたチョウチョなりの
生存戦略なんですね。

あとなるほどねって思ったのが、昆虫ってエビやカニなどの甲殻類が
地上に上がってきた姿なんだけど、どちらも外骨格だよね。
外骨格って色が付いている所は固い、白い所は柔らかいって事。
シロアリって木の中にいるから外敵から身を守る必要も大した無いから
白いし柔らかめ、だけど木を削る顎は固くなくちゃいけないから黒く
なってる。
カブトムシの幼虫も土の中に居ると白くて柔らかいけど、成虫になったら
真っ黒で固い。
お次はカニの脚を思い出してみると、固い部分は赤かったりするけど
脚の関節部分は白くて柔らかいよね。外骨格を作ってる基本成分は
いっしょだけど、混ぜ合わせを変えることによって固くも柔らかくも
なるってすごいよなぁ。

なんて事を知ると、もう変態大好きになっちゃうよねぇ。

最近、お昼ご飯食べながら読んでいるのが「GRIT 平凡でも一流になれる
やり抜く力」っていう本なんですが、

いろんなエピソードが載ってる訳です。
サイクロン掃除機作ったダイソンの創業者も、15年かけて5000回失敗したとかね。
15年かけられるのもすごいな、その間のお金どうしたんだろ?奥さん、子供いたら
あんたふざけんな!そんなのやめてさっさと働きに行きな!って言われるよなぁとか、
5000回の失敗もどのくらいの規模なのよ?っていうのを考えるのです。
致命的な失敗1回でも再起不能になっちゃう場合だってあるからね。
回数じゃないだろ、内容だろって、単なるえぇ話読ませてもらったわーじゃ終われない
猜疑心の強い私。
本自体は良い本ですよ、えぇ。

昨年、作っていた3Dモデルも、どうやらこういう作り方じゃ、使うのに
不都合あるよねっていうのがはっきりと分かったんで、改めて再構築しないと
ならないっていうのが分かりました。 失敗+1、半月分の仕事量……あぁぁ。

舞台設定も懸念事項が払拭されないので、それもまた仕切り直しで、別企画へと
シフトさせて、そっちを作ってから戻ってくるかなぁっていう事も考えて、
新年から別企画の準備を進めています。

今までのノウハウの蓄積があるんで、意外とすんなり進められて(今の所は)、
ずっとやってきたことは無駄じゃなかったんだなーって思ったりもしますね。
時間のロス半端ないけどナ。

「水曜どうでしょう」ディレクターの藤村さんと嬉野さんが
お悩み相談に答える本の第3弾です。

この一つ前の本を借りて読んだらかなり面白かったので、続々~
を本屋で買って、お昼ご飯の待ち時間に少しずつ読んでました。

本の帯に”なぜだか胸のつかえがスーッととれる癒やしの回答16篇”
と書いてありますが、二人の人柄がよく出ているそれぞれの答え方で
なるほどねぇと思ってしまいます。
(水曜どうでしょうを熱心に観ていたわけでもなく、藤村さんは以前
講演会でお話を伺ったりしたけど、嬉野さんは本を読んで、あぁ
カメラの人か…なんていうくらいの認知度なんですけどね)

中には、こんなのどう答えていいんだ?という質問もあったりするの
ですが、お二人の人生経験や、こんな考え方もあるよっていう提案の
ようなものもありで、ほほーって思ったりしますね。

お二人とも私よりちょいと年上なので、なんか年上の先輩にあれこれ
教わってるような感じもします。

なんかアレコレあって、疲れてんなぁっていう時に読むと効果的です。

地下鉄移動時にボーッとしてるのもナニなので、新書を買って
カバンに入れてます。
スマホ+kindleでもいいんじゃね?っていうのもあるんですが
やっぱり紙で読みたいオッサンなので。

で、本屋で見つけたのがタイトルの書。

なんだか煽った本だなぁって思って気になったので買ってみました。
この人が書いた前書のタイトルが「日本人の99.9%はバカ」って
言うらしくて(読んでない)、そういうアオリが好きな人なんだなー
ってことで。

20代の頃、別冊宝島シリーズが好きで「おたくの本」に始まって、
精神世界や宗教や、ちょっと痛かったりこじらせちゃった方向の情報源に
重宝してました。 インターネットなんてまだ無くて、パソコン通信で
やってる時代だったしね。
そんな頃に「おたく」vs「サブカル」なんていうのもあったよなぁ
って思いながら読みました。
濃い「オタク」に対してなんかちょっと音楽やってておしゃれな方向の
人達が「サブカル」だったんかなーなんて思っていたんだけど、東京の
方ではかなり濃いやりとりがあったんですね。
札幌ぐらいじゃ「マウンティング」してくるような濃い人達も居なくて
平和な日々だったわなーってしみじみしますね。
会社始めて軌道に乗せなきゃってバタバタしてて、それどころじゃなかった
からかもね。

このページのトップヘ