しゃちょーうさのblog

有限会社ブルーゲイル社長、宇佐の日々あれこれ 会社HP(http://www.bluegale.co.jp)

カテゴリ: アニメ

ネットでそんな話が出てて、実はウチでは日経新聞を取っている
のですが、朝に見るのは私の履歴書や新聞小説が載っている面だけで
中身は帰ってから読むっていう日常なので、
そうそう載ってたよねーじゃなくて、マジでー?という新聞とってる
意味ないじゃないな一日でした。

で、帰って日経新聞を見てみたら、うひゃー載ってる!
残念なことに北海道版は白黒、くっそーこれは4DXがユナイテッドで
しか見られないから、その分ケチられたのかーっていう残念な気持ち
半分、でもやっぱり全面広告は迫力あるなーな気持ち半分という感じ
でした。

それにしてもなぜ日経新聞、どこの層を狙っているのかよくわかんない
けど、取ってて良かった日経新聞という事で。

「ガルパンはいいぞ」
この一言で通じてしまうガルパン好きにはたまらない
4DXでガルパン映画が見られるぞ!っていうのが札幌でも
始まっています。
週末は席が瞬殺されているのですが、こうなったら平日昼間に
行くしかねーべってことで、予約しました。

それにそなえて、録画保存してあるテレビ本編をもう一度見て、
アンツィオ戦も借りてきて見て、準備は万端です。

2Dで映画は見ているのでストーリーは大丈夫、初体験4DXに
身を任せたいと思います。

決戦は水曜日、パンツァーフォー!

公開最終日だった「青の鋼のアルペジオ」と「ガンダムオリジン2」を一気に見てきました。

「アルペジオ」は原作漫画は読んでいましたが、アニメでは見ていなくて
動いているのは初視聴でした。
戦艦群の3Dモデルはよく出来ていましたね。 あのディティールは手描きの
アニメじゃ作れないよなー。
それに比べるとキャラの3Dモデルはちょっと見劣りがしちゃいますね。
女性キャラはがんばってんなと思うのですが、主人公が……なんか弱い。
ストーリーは一応決着付けているんですが、これ漫画はまだ続いてるよね。
別ルートエンドっていうことなんでしょうか、まぁすっきり終わってくれて、
一番ラストははいはいお約束ですねなエンドでしたね。
あとは脳内で艦これへのキャラ変換が行われちゃうのが辛いとこですね。

「ガンダムオリジン2」はストーリー的にドンパチシーンも少ない回なので
それはしょうがないよなーって思いながら見ていました。
あとは、本放送設定時にはそこまで考えていなかったよねな設定を
うまく繋げてあって、いやーよく作ってるなぁって感心しますね。
青年期になって、キャスバルの声を池田さんがやっているのですが、
やっぱり違和感感じて、これはしょうがないんだと心の中で呟きながら
見ていました。次の3で士官学校に入る頃はなじむんでしょうけれど。
声優さんも亡くなっている方も増えてきて、代役捜しも大変だなぁって
思いますね。

新しいガンダムシリーズが始まりましたね。
Gのレコンギスタは北海道では地上波でやらなかったので、映画館で最初の
4話を見たところで終了でした。
これは見なければ-!という話も聞こえてこなかったので、まぁ、ボチボチで
いいかなっていう感触。

オルフェンズも2話目は日ハムの試合で延期されて、昨日2話と3話を連続視聴
でした。
まずは舞台背景の説明やら、登場人物で誰が居るんだという説明やらを把握
するのが一仕事ですね。
今回はタイトルに”血”という文字が入っているので、いろいろと血の描写が入って
ますね。
後は主人公が子供(と敵側から表現されているん)だけど、躊躇なしに相手側を
ピストルで射殺しちゃっているのが、まぁ、殺伐とした世界であるという描写は
各所に入れられていますが、今はTVでもこれがオッケーなんだなぁと思ったり
しますね。
どういう展開になるのか、見ていきます。

あと、ホビーショップに行ってバルバドスとORIGINシャアザクのプラモを買ってきたのと
もう少しでORIGIN映画2話目が始まるので、原作マンガで過去編からルウム戦役
まで読んで復習してました。


昨日はingressで日本中が緑の巨大CFに覆われていたために、たいした事が
出来ず、家の草むしりして、真栄の奥の方でやってるアイス屋を2軒はしごしたり
してました。
たまごアイスと牛乳アイスとそれぞれ味が違ってて美味しゅうございました。

夜もまだCFが晴れていなかったので、撮りだめされてたビデオを消化してました。
今、北海道では夜中にガールズ&パンツァーをやっていて、一度DVDを借りて
全部見ていたのですが、なんとなく録っていたので、見始めたらやっぱり面白くて
6話ほど一気に見てしまいました。

ほんとスタッフ達の戦車好きが伝わってきますね。
CGで描いている戦車も、ちゃんと重みが伝わってくる描写がうまいなーと思います。
走り出す前のたわみとか、ブレーキかけた時の前のめりとか、なんちゃってで作って
ないなーっていうのが感じられますね。

好きならばこだわるだろっていう、そういう所なんだよなーと作り手として思いますね。

このページのトップヘ