しゃちょーうさのblog

有限会社ブルーゲイル社長、宇佐の日々あれこれ 会社HP(http://www.bluegale.co.jp)

カテゴリ: 日常

時々、むしょうに数独(ナンバープレース)を解きたくなります。

新聞の土曜日配達の紙面に載っているのを、週末のんびりと解くのですが
先週のは超難問で、結構時間がかかって、さらに解いている最中に眠くなって
寝てしまったのですが、その後夜中にうちの奥さんが解いてしまいました。

それで、解けたよーというドヤ顔と共に、別の紙に問題を書き直しておいて
くれていたので(新聞紙のは書き込んじゃっていたので)、これは絶対に
解かなければ!ってことで、日曜の午前に集中してやったら、なんとか
解き終わりました。

そうなると、数独でヒートアップした頭はなかなか冷めず、本屋に行って
数独の問題が載っている本を買ってきて、また解き始めました。

今更、初級ページからやるのもアレなんで中級からスタートして
中級→上級→達人→名人と1つずつ解いて、ようやく達成感。

論理的思考を鍛えるのに、数独は役立つと思いますね。
小学校でプログラミングを教える前に、数独をやらせた方が良いと思います。

アマゾンプライムに入って、Fireスティックをテレビに付けてから視聴の幅が
広がってます。

アマゾンプライムだけでやってるアマゾンズもようやく見ることが出来ました。
今シーズン2まであるんだけど、シーズン1を見終わった所で。
現代風にアレンジされ、正義vs悪というよりは、それぞれの立場で闘うという
感じですね。
シーズン1のあとシーズン2がどうなるのか楽しみが続きます。

学生時代は両目とも1.5あった視力が、その後みるみる落ちて現在は
裸眼で0.04という、メガネ無しじゃ生きていけない身体なのですが、
遠近両用メガネは車の運転や日常生活で使ってて、デスクワークはその前に
作った近視&乱視用をずっと使っていました。

最近は目の筋肉がさらに衰えたのか、疲れ目だよなーと感じることが多くなって
これは新しくメガネを作りに行こうと、週末メガネ屋に行ってきました。

いろいろと計ってくれて、現在の状況に合うメガネを作ってくれたのですが
(出来上がりまで一週間)、帰ってからなんか頭痛がし始めて。
その後、会社に行って仕事をしてもなんか調子が上がらず、頭痛も酷くなるし
で帰ってきて、早々に寝ました。

寝ながら原因を考えたら、あーこれはメガネを作る時の視力検査で、文字や
図形を見なければ!といつも以上に目の筋肉を使ったことで眼精疲労から
きた頭痛だわーって気づきました。
日頃の仕事では、自分のペースでだるだる~んと目を使っているんでしょうね。
それが、視力検査では短時間に見える!見えない!と判断しなければならず、
思いっきり目の筋肉を使っていたと。
視力検査おそるべし。





先週土日に洞爺湖で行われたイベントに行ってきました。
今年で8回目の開催ということで、運営も周辺のお店も対応に慣れて
きているのかな。 コスプレのまま入店、食事OKというような表示が
されているお店も多く、開催地全体で歓迎しようという雰囲気を感じました。

土曜日はお天気も良く、人出もかなりなもので、皆思い思いのコスプレで
楽しんでいましたね。

2年前に行った時は進撃の巨人の調査兵団な服装をした人達が多かったのですが
今回は夕方にちょっと見かけた位で、このまんがやアニメに集中!という感じは
見られませんでした。
新旧ごった煮のカオスな感じが、皆それぞれ楽しんでいるという風で、それが
また良い雰囲気でした。

札幌から日帰りできて、歩き疲れたら湖畔で足湯に浸かって、のんびりして……と
ドライブがてら行くのが楽しくて、そういうのにちょっと興味有るなっていう方には
オススメです。

また、行くならちょっと仮装して行った方が良いです(会場入る前に面白Tシャツに
着替えるとか)
まったくの私服の方が逆に浮いちゃいますので。

最近、ラズベリーパイの基板を使ったちっちゃなMZ80Cが発売されるという
話があって、古きマイコン時代を懐かしむ人達で盛り上がってますね。

私のMZの想い出と言えば、MZ80Bです。
親戚のおじさんが商店を営んでいて、その店先の一角にMZ80Bが置いて
ありました。
学校帰りに立ち寄って、I/Oなんかに載っているダンプリストをひたすら
打ち込んで、ゲームをするというのが当時の日常でした。

MZ80Bは銀色のハイスペックな筐体で、テープでBASICをローディング
するのもかっこ良かったなぁ。

今、コンピュータを使って仕事をすることが出来ているのも、当時の事が
あったからだと思いますね。

そんなおじさんの店が、今日閉店するというのを実家の有る町のメルマガで
知ったので、朝からしみじみとしています。

このページのトップヘ