しゃちょーうさのblog

有限会社ブルーゲイル社長、宇佐の日々あれこれ 会社HP(http://www.bluegale.co.jp)

2016年01月

次の企画を練る為に本屋に行って「エンタティンメントの作り方」という
本を買ってきました。
作者は貴志祐介さんで一時期、好きで出た本を全部読んでいましたね。
「青の炎」くらいまで。

「悪の教典」も上下巻で買ってあるんだけど、上巻の途中で読むのが
止まってます。
作者さんにしてみたらこれは一気に読んで欲しいという事のようだった
んだけど、たしかに途中が空いちゃうと、なかなか再開出来ないね。
映画でやったのを見たんで、流れと結末は知ってるし。

ご自分で書いた本は、こういうコンセプトでこういう所を読んで欲しくて
書いたんですよっていうのが分かって、それは面白かったですね。

インプット無くしてアウトプット無しっていうのも身に染みて感じているので
これは使えるとか、これは使えないとか考えないで、なんでも体験してみる
見てみる、聞いてみる、味わってみるっていうのが大事だと思いますね。

仕事場が大通りバスセンターの近くなので、昼食は外で食べる事も
結構あります。
机に座ってばかりの仕事だから、外に出るっていうのは良い気分転換に
なりますし。

で、外に出たらどこで食べるか。

テレビ塔B1階に「とりの介」という居酒屋があって、昼食時にはランチメニューを
出しているのですが、「ザンギ豚汁定食」が490円(税別)がこの時期、温まるし
美味しいし、ボリューム満点(物足りなければご飯おかわり無料)で最高です。
頻繁に行って飽きちゃってもイヤなので、週イチ位の頻度ですが。

490円という価格も、鶏肉は大量仕入れして、豚汁の野菜も良い部分は他で
使って、半端な部分を使うっていう事で実現しているのかな?とも思いますが、
コストパフォーマンスばっちりで昼食時は近隣のサラリーマンさんで混雑して
ますね。

中学生時代、コンピュータなどまだご近所では見ない時代。
電子キットを買ってきて、半田ごてを握って、ルーレット作ったり、
インターホンを作ったりしていました。

学校の図書室に並んでいた「子供の科学」。
雑誌に載っている電子キットのカタログを眺めているだけでも
ワクワクしていました。

今朝の日経新聞で、月刊アスキーの編集長だった吉崎武さんが
「子供の科学」のバックナンバーを揃えて(それ以外にも当時の
技術系雑誌も揃えて)、私設図書館をやているという話が載っていた
ので、中学生当時の事を思い出した朝でした。

チケットを頂いたので、ありがたく行ってきました。

数年前に一度行った時の混雑具合を思い出して、またあの人混みの中で
見るのか~と行ったのですが、日曜日はそうでもなく。

人は結構入っていましたが、動けなくなるっていう所まではいかず、
ぐるりと見ながら、時々気になった車をスマホで撮影してました。
(綺麗なおねーさん系はまぶたに焼き付ける方向で。探したら、
きっと良い機材で目線バッチリで撮ってる人達がネットに載せて
くれているでしょうし)

ランボルギーニだのフェラーリーだの、ポルシェだの、スーパーカー系は
そういうのを憧れた世代なので、やっぱり見ていて心が躍りますね。

二輪車の方も鋭角的なデザインで、まんま仮面ライダーに出て来ても
おかしくない感じですね(最近仮面ライダーはバイク乗ってる?)

見に来ている客層が年配者夫婦とか、赤ちゃん子連れ夫婦とかで
10代若者っていうのはほんと少ないなって思いましたね。
ウチの子らも行くか?って聞いたら行かんって言うし。

我が家で、自分の部屋があって、ネット経由でいろいろ遊んでいられる世代
には車っていうのは単なる移動ツールなんだなっていうのを感じますね。

いつか、これ乗ったる!そのために稼ぐんや!っていう風にはならないんだろうなぁ。


道内の天気大荒れって言ってた昨日おとといは札幌では特に
大荒れでもなく、肩すかしな感じでしたが、今日は雪が降ってますね。
途中晴れたと思っても、またすぐに雪になったりと本当に変わりやすい
天気で。

西日本では週末、大荒れのようですね。
普段雪対策などしてないでしょうから、用事無ければ極力家から出ない。
3日間ほどの食料も用意しておけっていう事なので、電気やガスを
使わなくても食べられるモノを用意しておくっていうのは重要ですね。

準備していて、それを使わなかったらラッキーだったねって事で
良いじゃないですか。

このページのトップヘ