明けましておめでとうございます。
正月はいつもなら田舎の実家で飲んで食べてゴロゴロなのですが、今年は
子供の受験もあり札幌で迎えました。
札幌にいてもやることないなーってことで1月1日に街に出て映画を見ることに。
元旦の街中っていうのも初めてだったのですが、いつもと変わらぬ風景でしたね。
映画館も人がいっぱいでした。 皆、暇をもてあましているんですねぇ。

というわけで「スターウォーズ 最後のジェダイ」ネタバレバリバリで行きます。

年末に見たブレードランナーもそうなのですが、映画も2時間半あると結構長く
感じますね。
帝国軍の船に忍び込んで、追っかけセンサー壊して逃げ切って終わりなのかと
思っていたら、そこから惑星の上でまたさらにドンパチが始まって、はぁー
こりゃ長いなって思いながら見ていました。
スターウォーズってその場のノリで作戦決めてやっちゃうよっていうのが多い
ような気がするのですが、反乱軍だから少数で帝国軍に忍び込んで大事な所を
ぶっ壊すというパターンにどうしてもなっちゃうんだけど、それをいかにして
前とは違うパターンにしようかっていうのにかなり苦労していますよね。
今回、話が長くなったのにはずいぶん無駄なシーンがあったんじゃないの?
って思うんですよ。
暗号解読できる人を調達しに行ったけど、目当ての人とは合流できず、捕まって
牢屋に入った中で別な人も暗号解読できるっていうのを知ってその人を連れて
帰るとか、結果オーライなザルストーリーだし。
レイアさん宇宙に吹っ飛んで、フォースパワーでまた戻ってきたのもそういうの
有りだったの?って思ったなぁ。
その後、委任された女性司令官も作戦内容明かさないで、しょうがないからこっちは
勝手に動き回って、あとから実は…っていうのも教えといてやれよ!って心の中で
ツッコミいれちゃったし。
惑星上にルークがやってきて、帝国の総攻撃でも無傷でうぉぉやっぱりフォースパワー
すげぇぇ!って胸が熱くなったけど、実は遠距離でイメージ送信していたっていうのも
せっかくのフォースパワーがそっちだったの?!ってポカーンとしちゃいましたね。
それでエネルギー使い果たして、ルークは成仏しちゃうし。
そうそうスターウォーズではフォース使いは成仏すると死体が残らず、服を残して
中身は消えてしまうんだよね。オビワンもそうだったしね。
それで、ルークは成仏したんだなぁっていうのが分かるんです。
レイアの中の人亡くなっちゃったから、次からはどうなるんだろうなぁ。
CGパワーでなんとかしちゃうのかもしれないけど(ローグワンみたいに)

なんだかんだツッコミを入れながらでも、やっぱりスターウォーズと共に育ってきたので
何があっても、うんだってこれスターウォーズだからね!でALLOKなのです。