漫画家の藤田和日郎さん(うしおととらとか描いてる人)が書いている
新人アシスタント見習いのあなた(という設定)が藤田さんのスタジオで
アシスタントをしながら持ち込みをして漫画家としてデビューする流れを
その時々にどんなアドバイスをするかっていう本です。

まだ序盤しか読んでいないんですが、これはいい本だなっていう雰囲気が
ビシビシ伝わってきます。

漫画家になりたいけれどどうやっていいか分からない、すごい作家ばかりで
でも、そんな中にオレだって入りたいんだ!っていう熱い情熱(若い頃って
もうそれしか無いと思うよね。技術も才能もあるんだかないんだかよく
わかんないけど、でもやっぱり好きだから。やりたいからってもがく。
そんな時が私にもありました。いや過去形じゃなく今ももがき続けてるんだけどw)

漫画家っていう枠を借りた人生指南書なんじゃないかなって思いますね。