『ほしのこえ』で注目され、ゲームのOPなどで素晴らしい作品を出し
注目されてきた新海氏の最新作。
ずいぶん評判いいじゃないのと思いながら観てきました。

見終わったあとは、まぁ面白かったんでないのって思ったけど、後から
えーやっぱりちょっと納得いかないなーっていう新海作品のアレがまた
出て来ちゃったよ。

・映像美術はすごい、手がかかってる。
 でも、日常風景をデジカメで撮って、アニメでトレースして表現って
 変わらないんだよね。それが売り、味っていうのが新海作品なんだけど
 なんかそれを繰り返されるのもちょっとおじさん飽きてきたなぁ。

・スッキリしない感じ。
 なんか登場人物達にとって都合良い設定で強引に、そういうことなんだから
 これでいいの!っていうのが所々でまた出て来ちゃったかーって思っちゃう。

・若手劇団の箱庭的作品にゴージャスな新海美術を付けましたな感じ。

・40代後半から50代の人達が「シン・ゴジラ」で驚喜しているのを横目で見ていた
 30代~40代前半の人達が俺たちの「シン・ゴジラ」を手に入れたぜ!な
 感じが見えて微笑ましい。

・んじゃ金曜ロードショーでかかるか?
 途中のクスッとしちゃうやりとりなど、細田守作品と通じる所があるんで
 面白く見えた。この調子で最後まで行かないかなぁって期待もしたんだけど
 ツッコミはいるだろそこ!っていうのが、なんで投げっぱなしなのかが
 分からない。 はたして毎年の金曜ロードショーで入りますっていう枠には
 やっぱりキビシイんじゃないの?って思うんだよね。

映像美は気持ち良く見られます。ストーリーはご都合主義でも良いよって
いう人ならOKなんじゃない?っていう感想です。