次の企画を練る為に本屋に行って「エンタティンメントの作り方」という
本を買ってきました。
作者は貴志祐介さんで一時期、好きで出た本を全部読んでいましたね。
「青の炎」くらいまで。

「悪の教典」も上下巻で買ってあるんだけど、上巻の途中で読むのが
止まってます。
作者さんにしてみたらこれは一気に読んで欲しいという事のようだった
んだけど、たしかに途中が空いちゃうと、なかなか再開出来ないね。
映画でやったのを見たんで、流れと結末は知ってるし。

ご自分で書いた本は、こういうコンセプトでこういう所を読んで欲しくて
書いたんですよっていうのが分かって、それは面白かったですね。

インプット無くしてアウトプット無しっていうのも身に染みて感じているので
これは使えるとか、これは使えないとか考えないで、なんでも体験してみる
見てみる、聞いてみる、味わってみるっていうのが大事だと思いますね。