cocos2d-xでフィールド歩きまわる系のサンプルを作ってみようと思い立ったのですが、
それを実現するための前準備がいろいろと必要でした。

キャラクタやマップパーツを作るために最適なツールはなんだろう?というのを
探して、SpriteStudioっていうのが良さそうだなと思ったのですが、値段が
92500円(税別)かかっちゃうということで、試しに使うにはちょっとお金が
かかりますね。
書籍を読んでいたら、EDGE2というツールを使ってブレイブフロンティアが作られて
いたというのが書いてあって、体験版を使ってみたらけっこう使いやすいので、これ
でいくことにしました。 ライセンス代も4000円ですし。
昔PC9801時代には自分でドットを打ってキャラクタを作るツールを作って、それを
使っていたのを思い出しますね。それに比べたらずいぶん使いやすくて素晴らしい。

マップパーツを並べてフィールドを使うのはTILED MAP EDITORっていうのが
あるのでそれを使うことにします。

あとTexturePackerっていうのも準備して・・・と、ツールの準備と使い方を覚える
っていうのもいろいろと大変ですが、仕組みが分かるっていうのは楽しいですね。

cocos2d-xのバージョン3.xの書籍が年末に出るようなので、それも心待ちに
しています。