主演のヒロインが素敵らしいので、「楽園追放」を観てきました。
シナリオ書いた人が「まどかマギカ」等の人なので、血まみれ地獄ですわー
ってなるのかと思ったら、死人は出ませんでした。
観た後で、ネットのインタビューを読んで、この企画は「まどかマギカ」より
前からやってると言うのを知って、それでかーって思ったり。

ロボットアクションはガンダムOOの監督さんと板野一郎さんも入っていた
ので、秀逸でしたね。 緩急のつけどころが巧い。
スローモーションで観たら、きっともっとすごいこだわり部分が見られた
んだろうなと思いますね。 うわーうわーって観ているうちに終わっちゃう。

人物はCGでモーションつけて描いているんだなーっていうのが分かってしまう
のがちょっと残念。 手描きとはどうしてもアクションのつけ方が違うし、
ヒロインの髪の毛も長くて、処理の仕方がこれは難しいなーっていうのが
見えるのは職業病なんだろうね。

あとヒロインが地上に降りてきたあとも、一人だけピッチリスーツで蛍光色
発光でおもいっきり浮くだろ?っていうツッコミは無かったのかな。

それと兵器に乗ってる時のヒロインエッチっぽいというのは、オーガスを経験
しているオッサンはもう通ってきている道なので(以下略)

映画予告でアップルシードが入ったのは、オッサン的にビックリ。
私が専門学校の時にドはまりしていたので、もう30年近く前の作品だけど。
アニメのアップルシードは劇場で観たよなー。3DCGでも作りたいっていう
人達がいるんだなぁ。 同じ歳の人達が力持って、お金使えるようになったら
やっぱりやりたくなっちゃうんだろうなぁ。

SF成分がもうちょっと欲しかったので、帰りにシドニアの騎士の単行本を
揃っていた3巻まで買って帰る。 レンタル本であればそれでもいいかなと
思ってずっと待っていたんだけど、近くのゲオには結局入らなかったので、
買っていくことに決定!