8月からcocos2d-xという2Dゲームフレームワークの勉強をしています。

PC98時代はCでプログラムを書いていましたが、Windowsになってからは
プログラム方面は社員や外注さんに任せていましたので、cocos2d-xと
C++の勉強を同時に進めているような状況です。

書籍に載っているサンプルプログラムを打ち込んで、実行させて、動作を
確認するという事の繰り返しです。

打ち込む内容もよくわからないで入力している部分もあったりしますが、
これはそういうもんだというのは、高校生の頃、マイコンBASICマガジンの
BASICプログラムをよくわからないけど、とにかく打ち込んで、エラーが出たり
動作がおかしいのを、頭ひねりながら間違いを直しているうちにしだいに
覚えていったのと同じだよなーと思えるからですね。

なにより普段使っていなかった部分の脳みそを動かしている感覚はいくつに
なっても嬉しい気がします。