しゃちょーうさのblog

有限会社ブルーゲイル社長、宇佐の日々あれこれ 会社HP(http://www.bluegale.co.jp)

2回見に行っても面白い!という話を読んで、友人と2回目見てきました。

ストーリーは分かっているので、細かい部分をおっかけていきます。
(でも、ワンコが初めて出てくるシーンはビクッ!っとなった)

後半使うアレもソレも、最初の屋内探索の時点でちゃんと見せてるんだなぁ
っていうのが分かります。

盲目の老人が侵入者の人数をどうやって知ったかは最初の時にも
分かったつもりでしたが、一人途中で……したから、正確な人数が
分かるのは……の後なんだなとかね。

「ベ○ビ○」のセリフも、異常性愛者なのかと思ったら、その後に知る
事実にかかっていたんだなぁ とか。

細かいネタがいろいろとちりばめられているんですよ。

私も推したい「ドント・ブリーズは2回見に行け!」

昨日映画見に行って来ました。ドント・ブリーズ、「息すんな」っていうタイトルです。

友人が見に行ってかなり良かったらしくて、早く見に行きたかったんだけど、ようやく
見に行けました。

3人の男女若者のこそ泥達が、大金隠し持ってるんじゃね?っていう盲目の老兵士の
家に忍び込むっていうお話なのですが、伏線張って、回収して、序盤のアレがここに
繋がるのかぁっていうのが分かってという映画ストーリーのお手本のような感じでした。

とにかくミスリードの誘い方が上手なんですよ。
老兵士が盲目っていう状況をうまく使ってる。

後はなにげなく話した車のトランクの事とかが、ちゃんと後でストーリに絡んで使われて
いたりして、感心します。

個人的にイチオシだったのが、謎の液体(笑)が出てくるんですが、それを移すときに
容器に髪の毛が入っていたりするのが、普通なら気づいて除けるだろっていうのが、
あぁ、この人は目がみえないから、そういうのは気づかないんだよね!っていうのに
思い当たって素晴らしいなぁって思いました。
あと、スポイトから糸引いて垂れる所がスローモーションで、それ強調したいんだ(笑)
っていうのがよく分かる所かな。

舞台のデトロイトって自動車産業が衰退していて、廃墟化し始めていて、若者達が
こそ泥でもなんでもしてとにかくお金を掴んで、こんな所からさっさと逃げ出したいって
いうのが、昨今のトランプさんの躍進とも繋がっているんだよなぁっていうのも、
考えさせられますね。

いやー面白かった。お勧めです。

あのとき別な決断をしていたら今頃は~なんていう事を考えたりする訳ですが、
(またそういうのは失敗したなーっていう時に考えたりするもので)
はたして”あの時に”別な決断って出来たのか?というのも考える訳ですよ。

あの日、あの時、あの場所で、これじゃない別な決断って出来るのか?
その時には、それが最良だと思って決めた訳で。
神視点で、その後の事を分かっていたら、あーその決断はやめとけっていう
事も考えられるけれど、まったくその後の状況を知らなかったら結局は
同じ事をまた選んじゃうんじゃないのかなってね。

よくSFでその時の違う選択で、別な人生を歩んでいるのが多重に存在している!
なんていうのがあったりしますが、自分的にはそれはないんじゃね?って思ったり
します。どのレベルで違いを作るの?一分一秒ごとの差にしたって指数的に
増えていくよ?って思ってね。

あと、ビッグバンで宇宙が始まって広がったのが、いずれまた収縮していって
一点に戻りまたビッグバンが起こって宇宙の歴史が始まるっていうのを聞いた時、
リセットされたら、またこれと同じ事がそのたびにずっと繰り返されるのかな?
っていうのを思いついて、まぁ良い事ばかりならいいんですけど、悲しい出来事
なんかもまた繰り返すのは勘弁だよなぁなんていうのも考えちゃう訳で。

今、読んでいる本で一卵性双生児は遺伝子なんかもまったく同じ訳なんだけど、
それでも指紋っていうのは違うっていうのを書かれていて、たしかにそうだよな
って思ってね。双子で指紋がいっしょなら指紋認証セキュリティの意味無いよね。
まったく同じ遺伝子でも、かすかなゆらぎっていうのは有る。
育った後の性格の違いなんかはもちろんあるけれど、生まれ出る前にも違いが
発生しているっていうのを知って、宇宙の繰り返しっていうのもまったく同じ
じゃなくて、やっぱり今のこの世界は今しか存在していない。
ビッグバンが何度繰り返されても、まったく同じ今ってのは存在しないんだろうな
なんて思う訳です。
別な人生があったんじゃねーって考えてるよりは、今を考えなってことで。

レベル15までやってしばらく放置していたポケモンGoですが、サンタ帽子
ピカチュウが欲しくなって年末起動してました。
ピカチュウも大盤振る舞いだったのか、いくつも手に入って、ライチュウ進化
にも出来て、そのうちボーナスキャンペーン期間なのか、ポケストップで手に
入るアイテム類も増えたりして、その後もずるずるとやり続けています。
もうすぐレベル22になる位です。

発売直後は売り切れの連続で、高値で売買されていたポケモンGoプラスも
値段が落ち着いてきたので、amazonで買ったのが昨日やってきました。
ブルートゥースで接続して、ビカビカ光ったりブルブル震えたりする内容で
ポケモンが出たのかポケストップに来たのかが分かるんですね。
ボタン電池駆動で、LEDで光るのはそんなに電気使わないだろうけど
ブルブル震えるモーター駆動は電気使いそうだなぁなんて思ったりしますね。

投げるのは赤いボールだけのようですが、履歴を見ると意外に高CPなポケモンも
捕まえられたり出来てて、へぇぇと感心したりします。

この寒い時期、ポケットから手を出したくない時には重宝しそうです。



昨日、手稲ハイランドにスキーに行ってきました。

寒いのは大嫌いなので、背中にカイロ貼ったり、しっかり着込んで行ったのですが
午前中は曇り雪で、滑っていても、リフトに乗っていても顔面にバシバシ雪があたる
状況で試される大地北海道!な感じでした。

それでも午後からは晴れ間も見えて、眼下に札幌の街並みが広がるのを見ながら
滑るスキーは気持ち良かったですね。

スキーをするときはいつも頭の中で、位置エネルギー→運動エネルギーの式を
考えてしまう私です。

生身でこれだけのスピードを感じられる機会ってなかなか無いし、(車だと
鉄の箱の中だからね。これを味わえるのはバイクくらい)一瞬の判断遅れが
痛い事になってしまうというのも感じられる、まさに今この瞬間というのを
味わえる機会だったりもしますね。
もちろん、自分の限界値を考え、安全マージンを取りながら滑ります。
いつ、どこから制御不能になった人がつっこんでくるかわからないし。
前を見ながらも、横や背後からの音にも敏感にもなるし。

そんな訳で、スキーに行くっていうのは失われた野生をちょっと取り戻すような
感じだったりもするのかなと思ったりもします。

バーチャルでもいろいろ出来るようになってきてるけど、スキーだけは実際に
滑り降りたいですね。寒いぞくそーって叫びながらw


このページのトップヘ