しゃちょーうさのblog

有限会社ブルーゲイル社長、宇佐の日々あれこれ 会社HP(http://www.bluegale.co.jp)

明けましておめでとうございます。
正月はいつもなら田舎の実家で飲んで食べてゴロゴロなのですが、今年は
子供の受験もあり札幌で迎えました。
札幌にいてもやることないなーってことで1月1日に街に出て映画を見ることに。
元旦の街中っていうのも初めてだったのですが、いつもと変わらぬ風景でしたね。
映画館も人がいっぱいでした。 皆、暇をもてあましているんですねぇ。

というわけで「スターウォーズ 最後のジェダイ」ネタバレバリバリで行きます。

年末に見たブレードランナーもそうなのですが、映画も2時間半あると結構長く
感じますね。
帝国軍の船に忍び込んで、追っかけセンサー壊して逃げ切って終わりなのかと
思っていたら、そこから惑星の上でまたさらにドンパチが始まって、はぁー
こりゃ長いなって思いながら見ていました。
スターウォーズってその場のノリで作戦決めてやっちゃうよっていうのが多い
ような気がするのですが、反乱軍だから少数で帝国軍に忍び込んで大事な所を
ぶっ壊すというパターンにどうしてもなっちゃうんだけど、それをいかにして
前とは違うパターンにしようかっていうのにかなり苦労していますよね。
今回、話が長くなったのにはずいぶん無駄なシーンがあったんじゃないの?
って思うんですよ。
暗号解読できる人を調達しに行ったけど、目当ての人とは合流できず、捕まって
牢屋に入った中で別な人も暗号解読できるっていうのを知ってその人を連れて
帰るとか、結果オーライなザルストーリーだし。
レイアさん宇宙に吹っ飛んで、フォースパワーでまた戻ってきたのもそういうの
有りだったの?って思ったなぁ。
その後、委任された女性司令官も作戦内容明かさないで、しょうがないからこっちは
勝手に動き回って、あとから実は…っていうのも教えといてやれよ!って心の中で
ツッコミいれちゃったし。
惑星上にルークがやってきて、帝国の総攻撃でも無傷でうぉぉやっぱりフォースパワー
すげぇぇ!って胸が熱くなったけど、実は遠距離でイメージ送信していたっていうのも
せっかくのフォースパワーがそっちだったの?!ってポカーンとしちゃいましたね。
それでエネルギー使い果たして、ルークは成仏しちゃうし。
そうそうスターウォーズではフォース使いは成仏すると死体が残らず、服を残して
中身は消えてしまうんだよね。オビワンもそうだったしね。
それで、ルークは成仏したんだなぁっていうのが分かるんです。
レイアの中の人亡くなっちゃったから、次からはどうなるんだろうなぁ。
CGパワーでなんとかしちゃうのかもしれないけど(ローグワンみたいに)

なんだかんだツッコミを入れながらでも、やっぱりスターウォーズと共に育ってきたので
何があっても、うんだってこれスターウォーズだからね!でALLOKなのです。

見てきたんだけど、twitterとかでネタばれで書くのもアレなのでここで書く。
ネタバレ見たくない人回れ右


昨年「シンゴジラ」で新たなゴジラワールドというか、新解釈でずーっと低迷していた
ゴジラが面白いじゃん!と再評価されましたよね。
それもあって、アニメ版ゴジラやるのね、こりゃ見ないとなーって思っていたのですが
ようやく封切りされたのでいそいそと見に行きました。
見事なまでに回りは年配のおっさんばっかりだったけどな(自分も含む)。

いきなり現れた怪獣達や、あやしい宇宙人達に蹂躙されたり、仲良くなろうやって
言われたりで地球を離れた人類だったけど、新天地なんてどこにもないじゃん、
資源も乏しくなるしやっぱり地球に戻るしかないっしょ、もしかしたら最強最悪な
ゴジラも死んでるかもしれないしって戻ってみたら、2万年も経ってました。
 それにまだゴジラいるし!ってことでいろんな人間模様などをはさみながら
ゴジラやっつけるべと地球に降り立つ主人公達600名。

ゴジラ強いけど、弱点ありそうだからまずその解析→解析できた、これでかてる!
ってことで渓谷に誘い込んでゴジラをまわりの崖をくずして埋めて、
動けなくなった間に内部から破壊だ爆弾を皆で突っ込め-!よっしゃ被害も出たけど
ゴジラ倒せたぜ!と安堵する間もなく、地中からものすごいのがやってくる、
うひゃー2万年でさらに成長したハイパーゴジラだ!もうみんなやられまくりで、
ちっくしょーでエンディングロール
その後、あ、これメカゴジラを使った続編やるのねな感じで終了。

続編あるよって言えないんかもしれないけど、なんかそういう商売しないと
やっていけないんだなぁっていう台所事情(3Dモデリングとかのお金回収も
あるし)が垣間見え、映画冒頭メカゴジラ作ったけど起動しないうちに撤退命令
「メカゴジラならあいつに勝てるのに!」という思いっきりなフラグ立ってたので、
やっぱりそうだよねーな感じになるよね。
ゴジラは様式美!ゴジラフォーマット!(倒すけど倒しきれない)

でもさ、2万年経ってる訳で、メカゴジラならゴジラを倒せる!ってそれは
今回なんとか倒したバージョンのゴジラでハイパー化した巨大ゴジラって
想定外じゃないの?とか思っちゃうね。
あと2万年も経ってたらメンテナンスされてない機械動かすのってかなり
難しいんじゃね?経年劣化あるよ。
地上の文明跡だってボロボロになりながらようやく昔文明が栄えていた跡を
見つけたよ、やっぱり俺たち人類を地球は待っていたなんていう話も入ってた
から余計にね。
人類も細々と生き残っていたような感じなので、次の続編をどう作るかだよね。
虚淵テイストがどの辺なのか、あんまりくわしくないんでよく分からないんです私。
ゴジラ対兵器でドンパチもSFな未来兵器なので、それがどのくらいの
破壊力があってそれに対抗するゴジラってどのくらい強いのかっていうのが
分からないっていうのも辛いよなぁって思ったね。
やっぱり現用兵器のドンパチだったり、ビルが崩れたり、壊されたりだったら
自分の中に実感できる部分があるから、うおーゴジラすげーとか現用兵器がんばれー!
と思えるんだなぁって改めて実感したアニメ版GODZILLAでした。

※追記
怪獣惑星のwikiで見たら、3部作ってアナウンスされていたんだね。
事前情報を入れずに見に行こうと思っていたんで、それは失礼したっていう所で。



中公新書 地球の歴史 上中下三巻のうち中まで読み終わりました。

地球上に生物が現れ、繁殖し、幾度となく襲い来る大量絶滅の危機を
乗り越え(恐竜絶滅の隕石衝突もありますが、それ以前にもっと大規模の
大量絶滅の危機があったんですよ)、今の生物の繁栄があるのがまさに
奇跡っていう感じですね。

これを知ってからテレビや映画で「奇跡だ!」っていうのは「ふっ、その程度で
奇跡とはちゃんちゃらおかしいわい」って思うようになっちゃったとさ。

仕事の上でもめまぐるしく状況が変わる、まさに生き残りをかけたこの今を
どうやってやっていけば良いんだろというのを求めて読み始めたような気も
しますが、地球さんのスケールが大きすぎて、自分の悩みのなんとちっちゃな
事よって思いますね。

残る下巻で、また何を学べるのか、とっても楽しみです。




時々、むしょうに数独(ナンバープレース)を解きたくなります。

新聞の土曜日配達の紙面に載っているのを、週末のんびりと解くのですが
先週のは超難問で、結構時間がかかって、さらに解いている最中に眠くなって
寝てしまったのですが、その後夜中にうちの奥さんが解いてしまいました。

それで、解けたよーというドヤ顔と共に、別の紙に問題を書き直しておいて
くれていたので(新聞紙のは書き込んじゃっていたので)、これは絶対に
解かなければ!ってことで、日曜の午前に集中してやったら、なんとか
解き終わりました。

そうなると、数独でヒートアップした頭はなかなか冷めず、本屋に行って
数独の問題が載っている本を買ってきて、また解き始めました。

今更、初級ページからやるのもアレなんで中級からスタートして
中級→上級→達人→名人と1つずつ解いて、ようやく達成感。

論理的思考を鍛えるのに、数独は役立つと思いますね。
小学校でプログラミングを教える前に、数独をやらせた方が良いと思います。

3連休は宮部みゆきさんの小説「荒神」を買って読んでました。
山から現れる化け物が昨年のゴジラの元ネタになったんでないの?という話を
ネットで見かけたんで興味を持った次第。
たしかに化け物は最初の姿から、何回か変身して、蛇っぽい姿から立ち上がって
恐竜っぽくなるっていうのが、ははーなるほどねっていう感じで納得。
江戸時代なので武士達が立ち向かうんだけど、相手が強すぎてね。
筒井康隆とか平井和正ならグログロぐっちょん描写がもっとえげつないんだろう
けど、その辺はマイルドでしたね。

来年、NHKで映像化されるらしいんだけどBSプレミアムかー。
地上波受信料払ってるだけじゃ見られないんだなぁ。
そいや、先週いきなりNHKからDMが来てて、なんじゃ?と思ったら衛星放送
見てるなら、そっちも払ってくださいねーっていう振込用紙が付いてて。
いや、衛星放送見てないし。
昔JCOM契約してたことがあって、その時にBS代も払っていた事があったから
その時のデータで、カマかけてきたのかなぁ?なんて思ったり。

ちゃんと作れば面白そうな怪獣映画になりそうだけど、NHKBSで100分ドラマ
程度だとちょっと厳しそうだなぁって思いました。
あとがきで樋口真嗣監督がオレならこう作るんだけどなぁ、予算がなぁって
でも、作るなら声かけてくださいって書いてあったけど、今回のドラマは誰が
作るんだろう…


このページのトップヘ